スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋深まる京都 漫ろ歩き その①

2012.11.27.11:16

  みなさん こんにちは とても寒くなって来ましたね
 
 我が家でも数日前から ファンヒーターのお世話になり出しました。
 
 CIMG1252.jpg
 
 最近は 週末の土日の内どちらかが雨で出かけにくい事が多かったのですが
 今週、今年初めての紅葉狩りに行って参りました。 
 
 CIMG1224.jpg

 テレビでも各局が京都の紅葉を特集していますね。

 その中でも清水寺に続いて有名な高台寺』『円徳院の秋を感じてきました。

色々なアクセスはありますが、JR京都駅から206系統の市バスに乗り
 『東山安井』で下車いたしました。そこから東へ5分です
CIMG1213.jpg

 路地の曲がり角の看板の先には京都らしい石畳が続いていました。
CIMG1214.jpg

CIMG1215.jpg

久しぶりの京都の漫ろ歩きを楽しみながら『圓徳院』に到着です

CIMG1223.jpg

 円徳院は、高台寺の搭頭のひとつで、豊臣秀吉の没後 妻(北政所ねね様)高台院が1605年に伏見城の化粧御殿とその前庭を移築し住居とされたものだそうです。

CIMG1228.jpg

それ以来この住居には、ねね様を慕う僧侶・歌人・茶人・画家や陶芸家・武士に至るまでお集まりになっていた様です。

円徳院には有名な2つの庭がありいずれも紅葉がみごとでした。

CIMG1233.jpg

こちら南庭は白砂と苔の植え込み、紅葉とコントラストがとても美しいです。

CIMG1235.jpg


そしてこちらが『北庭』国名勝指定の北庭は桃山時代の代表的庭園でとても有名です。
CIMG1248.jpg

北庭には大きな岩がふんだんに配置され気迫の『枯山水』でした。

造園されてから一度もお水が通されることのなかった北庭。歴史の重みを感じました。

CIMG1251.jpg

円徳院の中には沢山の襖絵があり、あでやかさが漂っていました。
ご紹介したいのですが撮影禁止で残念です。

撮影が許された『秀吉公』『北政所ねね様』の肖像掛け軸をご覧下さい。

CIMG1244.jpg

CIMG1246.jpg

決して大きなお寺はありませんが、女性ゆかりのお寺らしい艶やかさと気品が漂う素敵な所でした。

CIMG1231.jpg


京都の秋はまだまだこれからですみなさんも紅葉狩りいかがでしょうか

最後まで今回も読んで頂いてありがとうございました
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

フロックス

Author:フロックス
大阪府で新築・増改築、リフォーム、建材販売なら大阪府交野市のフロックス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。